2016年11月23日水曜日

FileVault

Macが初期不良かと思いAppleStoreへ行った。
露骨に動作がおかしいから返品対応の方が早いと言われたのだけど、箱がなかったら返品できないかもとか色々言われたので「( ´゚д゚`)エー」と言って結構粘って、とりあえず色々調べてもらってた。

それで,,,最終的に初期不良ではなくてFileVaultの問題なのでは?という話になった。

Appleの人によると「FileVault on の状態のHDDからファイルを持ってきて動作がおかしくなることがある」との事。
なんじゃいそれ。
Apple純正の暗号化ツールだし、ハードレベルで何か対応とかしてるんかしらとか思ってた俺が馬鹿でした。FielVault使ってはいかんらしい。

詳しい仕組みがわからんのだが, FileVault onの状態のmacからファイルを移動すると、不具合(ファイルが読めないとかなのか??) が起きて動作がおかしくなる、と。
んで今回表面的な症状としては, WiFiがおかしいとか、クラッシュするとかそういう症状ではあったのだが、、他のmacではそういう症例は起きていないし、FileVaultのせいで起きてた問題ならクリーンインストールして, 移行前のmacのFileVaultをoffにしてから移行作業を行えば大丈夫になるはずだと...

 マジでこんなんで直るならブチ切れものだと思うのだが....



2016年11月14日月曜日

0秒思考

0秒思考って本を読んだ。結構良い。

まぁなんか適当なビジネス啓発書かと思ったのだけど、考え方の方法論の本だった。KJ法とかそういう本のほうが近いかも。

やることは「まぁともかく白紙の紙にかけ」ってだけなんだけど...ある程度理にかなってる気がするので、しばらくやってみよう。悪くはない感じがする。

2016年8月15日月曜日

新体制

9月から色々な意味で仕切り直しで体制を立て直す予定で準備中。


最近やっていること
1. 中国語の練習
2. 定期的な運動(ボルダリング)

地力を上げつつ新しいことにチャレンジできる体制を目指す。
毎日少しずつ良くすること。
思い立ったが吉日。

...と思いながらblogに何か書こうって話すら3週間ぐらい実行できなかった。

トラブル対応に追われてる時間を少しずつ減らしていこうとしているが、まだ多い。これを減らさないことには実務をこなすパフォーマンスが下がっている。
少しずつ戻していこう。

2016年7月10日日曜日

BitSummitに来た!

来た。
俺も開発したいんだけど...
羨ましいなぁ

なんかソシャゲで「これ見たこと有るやつだ!」ってのとBitSummitで「これ見たこと有るやつだ!」ってぜんぜん違う意味になるんだけど、なんでなんですかね。
愛の差なのか、理解度の差なのか、はたまた全く他のことなのか。

ここなら足払い限定の2D格ゲー作っても許される... そういう世界がここにはある!

2016年6月19日日曜日

諸々

なんか何でも屋になってしまって良くないなぁと考える。
もう少しプロジェクト管理系のスキルを上げて、そちらを売りにしても良いのではないかと考えた。
しかし,,それは確かに得意な分野ではあるのだが、やりたい事とは遠い... 少し違うのだ。

岩田社長の名言「自分の長所を見つけるには、自分が楽にできることを探すこと
これ本当に名言と思います。
でもやりたい事と長所がズレてると幸せになれないのではないかとフト思いますですよ...

ゲーム開発をしたいし、そこはソコソコ向いているんじゃないかって気はしてるのだけど何かが足りなくてうまくいかんのよね... お金集め?

もう少し頑張ってまいります。

2016年1月30日土曜日

Portfolio for JIRA

色々見ていて良さそうだと思ったのでPortfolio for JIRAを少し使ってみる。
社内でガントやスケジュールの話が出るのだが、Portfolioのviewの方が説明はしやすそうな気配は有る。
しかしそれよりも複数プロジェクトまたいでのスケジュール予測が立てやすそうなあたりに魅力を感じた。
でも設定面倒そうだから管理工数増えるかなー....
どうせこれ使ってるユーザー少ないだろうから誰に聞いても情報あんま出てこなそうだしその辺も少し不安。
まぁでも良さそうだから少し試そう。

2016年1月7日木曜日

シャツを着る

色々な事に関わって、自分の方針を少し見つめなおしたほうが良いかと考えていた。

幾つか自分に対して指摘されている弱点があり、そこは強化してパーフェクト・ソルジャーを目指してみるのが良いかと考えてみている。

自分をブランドとして考えると、「竹村也哉というブランド」は今までは「よくわからないが、どうも頭も良さそうだし技術についても詳しそうな中小企業の社長」だったと思う。

ただこれだとどうしても越えられない壁があり、「ビジネスの人ではない。職人で技術者でオタク。」と思われるデメリットが大きいと感じ始めた。

そこで少し考えた結果、自分のブランドイメージを少し変えてみることを思い立った。
オタクである事も職人であることも技術者である事も否定せず、しっかりとビジネスマナーもわきまえ、大人の話もでき、にこやかにスマートに談笑できる人物像。外国人だろうと美人だろうと誰に対しても物怖じせず、しかし無礼でも無く丁寧に応対できる人物。

少し頑張って自分を変えます。
あとシャツを着ることにしました。
Tシャツやジャージみたいなゆるい服は好きだけれども、好印象を持たれにくいこともあるので、これからはシャツを着て行きます。